ロシア エカテリーナ2世

ロシア・ロマノフ朝の女帝(在位1762~96年)。ドイツ生まれで、皇太子のホルシュタイン公ピョートル・フョードロヴィッチと婚約、近衛連隊のクーデタによって女帝となった。

不幸なことに、ピョートルの男性能力の欠陥のため、結婚後も長期間夫婦の関係はなかった。
後にピョートルは手術を受け、ようやく夫婦生活が可能になったものの、その頃には既にエカチェリーナはセルゲイ・サルトゥイコフ(ロシア語版、英語版)伯爵らの男性と半ば公然と関係を持つようになっていた。
エリザヴェータ女帝や周囲が世継ぎ確保の大義名分で黙認したとも、むしろ積極的に勧めたとも言われる。ピョートルの方も大宰相(帝国宰相)ミハイル・ヴォロンツォフの姪エリザヴェータ・ヴォロンツォヴァ(ロシア語版、英語版)を寵愛するようになり、夫婦の関係は完全に破綻する。

エカテリーナ二世

ボリショイ劇場や離宮エルミタージュ宮殿(現在はエルミタージュ美術館として一般公開)の建設にも熱心であった。
歴代のロシア皇帝の中で最長在位を誇り、最も領土を拡大するという輝かしい功績を残した最強の女帝エカテリーナ2世の物語が
ドラマで拝見できます。

 

エカテリーナ

ロシア女帝エリザヴェータによって皇太子に選ばれたゾフィーは、エカテリーナと改名し、フョードロヴイッチと愛のない結婚をする。
エリザヴェータの崩御後、皇位を継承したフョードロヴイッチとの冷えきった関係が彼女の立場を危うくする。

出演者
マリーナ・アレクサンドロワ
ユリア・アウグ
アレクサンドル・ヤツェンコ
リナール・ムカメトモフ
監督/演出
アレクサンドル・ヴァラノフ
ラミール・サビトフ
プロデューサー
エカテリーナ・エファノバ
アレクセイ・クブリツキー
ナタリア・シャネイデローバ
原作/脚本
アリフ・アリエフ
エレナ・パーマー
チャンネル
RUSSIA TELEVISION AND RADIO



Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA